ドライビングコンテスト【2016トヨタジュニアゴルフワールドカップ /2016 TOYOTA JUNIOR GOLF WORLD CUP】

Share it with your friends Like

世界のベストジュニアゴルファー87選手が各国を代表し愛知県豊田市に集結。
6大陸65か国以上の中から各予選を勝ち抜いた15チームが世界一を競います。
大会に先駆けて出場する男子15カ国、女子9カ国の代表選手1名によるドライビングコンテ­ストが行われました。
日本代表チームの男子は、杉原大河選手が出場し、322ヤードで2位、女子は稲見萌寧選手が253ヤードで6位タイでした。
男子の優勝は、スウェーデンのユハネス・アクセル選手。
記録は325ヤードを記録し、会場をわかせました。
女子は、南アフリカのイバンナ・サム選手が、274ヤードで優勝!
本大会は6月14日(火)から17日(金)の4日間、愛知県豊田市中京ゴルフ倶楽部石野­コースで開催されます!
プロ顔負けのハイレベルなプレーに注目です!!

2016 TOYOTA JUNIOR GOLF WORLD CUP supported by JAL

World’s 87 best junior golfers convene in Toyota city, Aichi, Japan.
15 national teams who won the preliminaries over 65 different countries in 6 different continents contend for the World champion.

A driving contest was held among each representative player from 15 boy’s and 9 girl’s national teams ahead of the tournament. From Japanese boy’s national team, Taiga Sugihara competed and won 2nd place with 322 yards, whereas Mone Inami from Japanese girl’s national team tied for sixth place with 253 yards.

Sweden’s Johannes Axell won the boy’s driving contest with 325 yards, excited the venue.
For girl’s, Ivanna Saum from the team South Africa won the contest with 274 yards.

This year’s tournament will be held at Chukyo Golf Club Ishino Course for 4 days from Tuesday, June 14th until Friday, June 17th.

You don’t want to miss their high level performance as good as professionals!