他人のスイングの真似など出来ないが、手本にするならやっぱりこのスイング。 世界中のプロでこの人のスイングを目指した人は多いが、そっくりどころかよく似たスイングの人もいない。 飛ばしたいならもっとトップを高く(ツープレーンスイング)した方がよいが、この滑らかで芸術的なスイングを手本にするのは悪くない。 ben hogan は歴代世界ランク3位(1位ニクラウス、2位ウッズ)、170cmと小柄で日本人並み。 そんなに飛ぶ方でもないが今でもあこがれのスイングとみている人は多い。 しかし一番大事なのはどんな状況下でも芯に当てる能力、これは素質で如何ともし難い。 上手い人のヘッド(メッキの時)には芯に1円玉くらいのショットマークがつく。